太陽光パネルメーカーを紹介

公開日:
更新日:
お役立ち情報

電気代が高騰を続ける中、企業や家庭では節電効果のある太陽光発電システムの導入を検討されている方も多くいらっしゃるでしょう。そこで、太陽光発電導入においては、まずは太陽光パネル選びに悩むところですね。太陽光パネルを選ぶ際は、各メーカーの実績や強みを確認し、製品の性能や保証内容を押さえて導入後のサポート体制などもしっかりチェックすることが必要です。また、国内、海外メーカーにこだわらず、各メーカーの特徴を抑えておくと良いでしょう。

本記事では、太陽光パネルについての概要と、産業用と住宅用の違い、太陽光パネルのメーカーについて紹介します。

太陽光パネルとは

太陽光パネルとは、再生可能なエネルギーを利用して発電を行うパネル状の設備です。地球温暖化の原因である温室効果ガスを排出しないメリットから、今注目されている設備です。太陽光パネルは、パワーコンディショナーや蓄電池等と一緒に活用する太陽光発電システムの中核的な役割を担う機器です。

太陽光パネルは、別名でソーラーパネル、太陽光モジュールという呼び方もあります。
太陽光パネルの構成は、小さな太陽電池を複数集めてアルミ枠に入れたパネル状になっていて、太陽エネルギーがパネルに当たると光電効果が起こって電気の流れが生じる仕組みになっています。
太陽光パネルを形成する太陽電池の最小単位を「セル」と言い、「セル」を複数組み合わせたパネル状のものを「モジュール」と言います。この「モジュール」を、屋根上や野立てなどの設置箇所に並列して配置したものを「アレイ」と言い、「アレイ」の設計によって発電効果が変わってきます。

太陽光パネルで発電した電気はパワーコンディショナーに送られて直流電気が交流電気へと変換されます。ここで作られた電気は、蓄電池を併用することで電気をためておくことができるようになり売電したり自家消費して活用できるようになります。

なお、太陽光パネルの種類は、設置規模に合わせて「産業用」または「住宅用」に分類できます。また、それぞれの用途に合わせて太陽光パネルの製品を選ぶことができます。

太陽光パネルの用途

太陽光パネルで発電した電気は、従来型の石油や石炭などの化石燃料に代わるエネルギーとして利用できます。太陽光パネルで作る電気は、有限な資源である化石エネルギーとは違い、自然の力を利用するのでエネルギー源で枯渇しないというメリットがあります。また、CO2を排出しない点からも地球にやさしいエネルギーとして注目されています。

このように天然資源を利用した太陽光パネルの活用によって、住宅用としては今まで電力会社から購入していた電気を節約できたり、発電した電気を蓄えて売電することができます。
また、太陽光パネルと蓄電池を併用してシステム化することで、災害時の非常用電源としても活用できます。
産業用での太陽光パネルは、電気代削減はもちろん、環境経営、非常用電源の確保、BCP対策などさまざまな用途で活用されています。
また、送電設備のない農地や山岳部などの電源に活用することも可能です。

住宅用と産業用の違い

太陽光パネルを導入する際は、いくつかの条件によって「住宅用」または「産業用」に分類されます。主な違いについて以下の表にまとめておきます。

太陽光発電システム・産業用と住宅用の違い

 

産業用

住宅用

システム容量

10kW以上

10kW未満

売電方法

全量売電/余剰売電

余剰売電

FIT制度の買取価格

12円(2024年度)

16円(2024年度)

FIT制度の買取期間

20年間

10年間

システムの設置場所

野立て/屋根上

屋根上/カーポート

太陽光パネルのシステム容量「10KW 」を基準として「産業用」または「住宅用」に分かれます。システム容量とは、太陽光パネルで発電できる量を示す数値です。「住宅用」よりも「産業用」の方が設置規模が大きくなり、システム容量も同様に大きくなります。

また、太陽光パネルで発電した電気を電力会社が買取る仕組みを「FIT制度(固定価格買い取り制度)」と言い、この制度を利用できる買取期間と買取価格は、「産業用」と「住宅用」では異なります。
なお、買取価格については、太陽光発電の普及に伴い、設置費用が格段に安くなったことによって FITの買取価格も引き下げられた経緯があり、買取価格の推移は年々下落傾向にあります。FIT制度がスタートした2012年度は42円でした。

売電方法については、住宅用は「余剰売電」が適用され、産業用はシステム容量によって異なり、10kW以上50kW未満は「余剰売電」、50kW以上の産業用は「全量売電」が適用できます。

太陽光発電システムの設置場所については、「産業用」は、空き地や遊休地などの広い面積に設置する野立て型を採用し、「住宅用」は、住宅の屋根上に設置するのが一般的です。

関連記事:産業用太陽光の架台の材質や基礎の設置方法とは?

太陽光パネルはメーカーごとに違いがでるのか?

太陽光パネルは各メーカーごとに性能が異なります。変換効率、最大出力、外形寸法、保証内容、各メーカーの実績や導入事例など、それぞれの特徴を抑える必要があります。また、国内、海外メーカーによってもさまざまな選択が可能です。

海外メーカーは国内メーカーに比べて価格が安いという特徴があり、大量生産が可能であることやメーカーどうしの競争が激しいなど、コストダウンになる理由があげられます。
一方、国内メーカーは、日本の住宅や気候などの環境に適用する製品を提供していることや、保証内容が充実していることから信頼性や安心できるというメリットがあります。

国内、海外メーカーの製品は、発電量や変換効率に大きな差はありませんが、各メーカーが独自の研究と開発を行っているため、太陽光パネルの技術革新は目覚ましく進んでいます。
したがって、最新の性能やシステム内容をチェックして比較検討して選ぶと良いでしょう。

また、世界シェア上位の太陽光パネルメーカーの大半が、主要製品を「P型」から「N型」に移行しているため、その点についても選ぶポイントとして抑えておくと良いでしょう。

太陽光パネルのメーカー一覧

では、太陽光パネルのメーカーについて以下を紹介します。

ロンジソーラー

2000年に設立された中国の太陽光パネルメーカーです。世界市場での出荷量が2020年〜2021年連続で1位を獲得しています。日本での事業展開は、「LONGi Solar Technology株式会社」がロンジ・グループの日本法人として2016年5月に設立され、日本の国内シェアを拡大しています。

ロンジソーラーのモジュールは、第三者評価やフィールド試験でも実証された高い変換効率と出力、高品質で信頼性のある製品です。大規模な産業用の太陽光発電事業所から住宅用の太陽光発電システムまで、幅広い用途で利用されています。

ロンジソーラーでは、HPBC(Hybrid Passivated Back Contact)という最先端の研究開発を展開し、変換効率の向上と高出力化を実現しています。
太陽光パネル製品「Hi-MO X6」の4つのシリーズ「エクスプローラー(Explorer)、サイエンティスト(Scientist)、ガーディアン(Guardian)、アーティスト(Artist)」は、次世代HPBCセルとして定評があり、量産効率25.8%を突破しています。

企業名

LONGi Solar Technology株式会社/LONGi Green Energy Technology Co., Ltd.

特徴

技術革新による変換効率と耐劣化特性

サイトHP

LONGi(ロンジ):太陽電池モジュール(太陽光パネル)出荷量3年連続世界1位。
2000年設立のLONGi(ロンジ)は、世界有数の太陽光発電テクノロジー企業として、エネルギー転換のシナリオを自ら描き、顧客視点の価値創造に注力することを使命としています。「太陽エネルギーを利用してグリーンエネルギーの世界を創る」という使命と「堅実で信頼できる技術リーダーシップ」というブランド哲学のもと、LONGi(ロ...

ジンコソーラー

中国の上海で設立された太陽光パネルメーカーです。日本をはじめ世界9か所の⽣産拠点と14の海外⼦会社を持ち、業界のグローバルリーダーとして生産、物流、販売、サービスネットワークの拡大を行っています。2010 年よりニューヨーク証券取引所に上場しています。

ジンコソーラーは、2023年に世界1位のモジュール出荷量を達成し、世界シェアが広がる要因となる「N型モジュール」で一躍業界のリーダー的な位置を確立しています。
「N型モジュール」とは、従来のP型よりも高性能で発電効率が高いモジュールの種類で、換効率25%以上で弱い太陽光でも発電することが可能です。
また、同社製品の「N型TOPCon電池」は、実験レベルで変換効率最高26.4%を達成しています。

ジンコソーラーの強みは、太陽光パネルの技術開発と生産を独自で展開し、特許を取得してグローバル化している唯一の企業であることです。

企業名

ジンコソーラー/Jinko Solar Holding CO.,LTD.

特徴

高い技術力と信頼と安心の高品質

サイトHP

Jinko Solar-首页

カナディアンソーラー

2001年にカナダで設立された太陽光パネルの老舗海外メーカーです。世界6大陸23カ国に拠点を持ち、導入実績は世界で100カ国以上、直近の出荷量ランキングでは世界第5位のシェアを占めています。日本での事業展開は、2009年9月より「カナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社」がスタートしています。

カナディアンソーラーの太陽光モジュールは、性能の良さと充実した保証内容で人気があり、2016年には顧客満足度調査で世界第1位を獲得しています。太陽光パネルの変換効率は業界トップレベルで、TOPBiHiKu6シリーズ「CS6.1-72TB-605/610」の変換効率は22.6 %、同シリーズ「CS6.1-72TD-610/615」は22.8 %と高い変換効率を実現しています。

製品の保証内容については、出力保証25年または30年、製品保証25年、さらに災害補償制度など手厚いサポート体制が整っています。
また、寒冷地カナダの会社ならではの特徴として、風害や雪害に備えた設備として耐雪性、耐風性の高いシステムを提供しています。

企業名

カナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社/Canadian Solar Inc.

特徴

高い実績と豊富な評価、性能の良さと充実した保証内容

サイトHP

太陽光発電ならカナディアン・ソーラー
カナディアン・ソーラーは、環境先進国カナダで生まれた太陽電池モジュールの専業メーカーです。世界150カ国で導入、日本国内の住宅においては設置累計14万棟を達成しています。太陽光発電を導入される様々なご要望にお応えします。

Qセルズ

ドイツ生まれのQセルズを2012年に韓国のハンファグループが買収して設立した太陽光パネルメーカーです。株式会社ハンファの日本法人として「ハンファジャパン株式会社」が再生可能エネルギー関連事業を国内展開しています。

Qセルズの新技術「Q.ANTUM NEO」は、Qセルズが誇る「Q.ANTUM」とN型TOPCon構造を融合させることによって高い出力と変換効率の高い製品を提供しています。
また、強風、大雪、高温、乾燥、湿度などの悪い条件でも優れた耐久性と高いパフォーマンスを実現しています。
「Q.ANTUM NEO」 を搭載したN型TOPConモジュールは、出⼒は最⼤435W、変換効率は最⼤22.3%です。
Qセルズの保証内容については、「Q.TRONシリーズ」で製品保証25年、出⼒保証25年、出⼒保証値は90.58%までと充実しています。

企業名

ハンファジャパン株式会社/Hanwha Japan CO.,LTD.

特徴

気候、環境条件に左右されない技術で高い変換効率を実現

サイトHP

「Qセルズ」世界最高レベルの性能と信頼性 ドイツ生まれの太陽光発電システム

トリナソーラー

1997 年に設立された中国の太陽光パネルメーカーです。日本をはじめ世界各国、多拠点においてグローバルな販売展開を行っています。トリナ・ソーラー日本法人として「トリナ・ソーラー・ジャパン株式会社」が、国内の太陽光発電システムを製造・販売を行っています。
トリナソーラーの製品は、革新的な研究を通して次々と業界基準を確立し、性能とサステナビリティの新基準を構築し続けています。太陽光パネルの変換効率とモジュール出力に関しては、25の世界記録を更新し、業界における世界的なリーダーの位置を築いています。
2023年9月までには、累計150GWを超える太陽光パネルを世界各地に出荷し「中国の民間企業トップ500社」にランクインしています。
太陽光パネルの保証内容については、業界をリードする25年または30年の出力保証付きで
信頼性と高性能の製品を提供している実績があります。

企業名

トリナ・ソーラー・ジャパン株式会社/Trina Solar CO.,LTD.

特徴

研究開発による新技術と厳しい品質管理、世界的な高評価

サイトHP

JP/Our-company
世界をリードするソーラーパネルメーカーの1つに格付けされているトリナ・ソーラーは、住宅用・産業用に太陽光発電業界最先端のソリューションをお届けします。

JAソーラー

2005年に設立された中国の上海に本社を置く太陽光パネルメーカーです。世界100以上の国と地域に製品を出荷し、世界各地に11の拠点と27の支店を持ち、グローバルネットワークを活かしてサービス展開しています。2012年に日本法人として「JAソーラー・ジャパン株式会社」での事業をスタートしています。

JAソーラーは、米経済誌による「フォーチュングローバル500」で中国トップ500入りと、世界新エネルギー企業トップ500のリストに選出され、国内外の顧客獲得に成功し信頼と好評を得ています。

2014年には、太陽光パネルの出荷量が世界シェア1位で、2010年から2012年には、セルの出荷量世界シェア2位の実績を誇っています。
JAソーラーの強みは、先進的な高性能製品の提供と15年間のシステムインテグレーション経験を通した実績、プロジェクト工事の品質保証と迅速な対応サービスを行っていることです。

企業名

JAソーラー・テクノロジー株式会社

特徴

先進的な高性能製品の提供、手厚い品質保証と迅速な対応サービス

サイトHP

日语

ネクストエナジー

2003年、長野県を拠点として設立された太陽光パネルメーカーです。国内初の中古の太陽光発電システムを買取・販売する会社として長野県駒ケ根市よりスタートし、2019年に世界最大の中国の蓄電池メーカーCATLと業務提携を締結しています。
製造を中国企業に委託することで、日本国内での低価格化を実現しています。

ネクストエナジーは、太陽光発電を中心に自然エネルギーに関わる事業を行い、産業用太陽光発電システムの販売実績が多数あります。太陽光発電システムの導入においては、自家消費型の導入計画から、関係機関への申請等支援、設置後のメンテナンスまでワンストップで長期的にサポートしています。
自家消費太陽光発電システム普及のため、あらゆる場所で活用できる様々な製品・サービスを提供しています。

企業名

ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社/Next Energy & Resources Co.、 Ltd.

特徴

高い変換効率と高性能で国内メーカーとしては低価格

サイトHP

産業用から住宅用まで太陽光発電をトータルサポート|ネクストエナジー・アンド・リソース
ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社の企業情報サイトです。当社は永続可能な社会の実現に向けて、太陽光発電を中⼼とする⾃然エネルギーの利⽤の普及と促進を⽬指し、様々な事業を展開しています。産業用・住宅用自家消費型太陽光発電システムを中心に事業の内容、導入事例などをご紹介しています。

アキシテック エナジー

業界で20年以上の実績があるドイツの太陽光パネルメーカーです。2001年創業以来、太陽光パネルの開発、製造、品質保証、販売からサービスまでを行っています。アキシテックエナジーの製品は、日本をはじめ世界100ヶ国以上で採用され、同社は2019年に「太陽光発電の施工企業を対象とした満足度調査」で「TOP BRAND PV Germany 2019」を獲得しています。

同社製品のハーフカットセルテクノロジーを搭載したパワーモジュールは、電気抵抗を低減することで通常の太陽光モジュールより高出力を実現しています。
太陽光モジュール「AXIpremium XXL HC 540Wp」においては、全世界基準に対応できるように設計され、厳しい気候条件の下でも25年間の使用が可能となっています。
製品の品質保証については、15年間のメーカー保証と30年間の製品機能保証が付与されています。

企業名

AXITEC Energy(アキシテックエナジー)/AXITEC Energy GmbH & Co. KG

特徴

全世界基準で対応できる技術と確実な品質保証

サイトHP

Startseite | Axitecsolar

GCL Solar(ジーシーエル・ソーラー)

1990年に設立以来、総合エネルギー企業として業界をリードしている太陽光パネルメーカーです。世界各国60ヶ所以上の拠点で事業を展開し、2017年には世界の新エネルギー企業上位500社中3位にランクインし、多様な環境に幅広く対応可能な高品質の製品を揃えています。原材料はポリシリコンで、高品質セルの製造と高効率モジュールを提供しています。

企業名

Golden Concord Holdings Limited (GCL)

特徴

高品質セルの製造と高効率モジュールを提供

サイトHP

Solar Module | Solar Panel | Solar System - GCL System Integration Technology Co. Ltd-Home
GCL offers a wide range of high-quality solar modules for a variety of application environments, including modules of standard 60/72-piece, dual-glass, high-eff...

Panasonic

産業用および住宅用の太陽光発電システム、蓄電池システムの販売メーカーです。
1975年の研究開始から40年以上、太陽電池モジュール「HIT」の1997年の発売開始から20年以上を経て、その性能と信頼性を高め、日本国内の太陽光発電業界のリーダー的位置を確立しています。

1993年、太陽光発電システムを取り扱う企業として「パナソニックEWスマートエナジー株式会社」を設立しています。同社では、現在、太陽光発電システムによる自家消費向上や災害時の電力供給を実現するV2H蓄電システム「eneplat(エネプラット)」を主軸に、エネルギー商品およびソリューションを提供しています。

産業用太陽光パネルにおいては、出力保証25年が付与される単結晶 太陽光パネルや、最先端のM10(182mm角)を採用した単結晶PERC太陽電池モジュール「MODULUS・モデュラス」など、高効率で信頼性の高い製品を提供しています。

パナソニックの強みは、太陽光パネルの国際規格の試験に加え、20項目以上の厳しい独自試験を行い、さらに各製造工程での性能・品質・外観検査をクリアしていることです。
また、国内だけでなく海外機関の異なる条件にも対応できるPID耐性を実証しているため、世界基準の製品としても幅広く採用されています。

企業名

パナソニックEWスマートエナジー株式会社

特徴

豊富な実績、厳しい品質管理で高性能・高耐久性の技術を実現

サイトHP

太陽光発電・蓄電システム | Panasonic
パナソニックの太陽光発電・蓄電システムのご紹介です。太陽光電池モジュールは工場、倉庫から店舗・学校・公共用建物まで省スペースで、たっぷり発電。蓄電システムはもしもの時に、電力を蓄えて備えます。

SHARP

住宅用太陽光発電システムおよび産業用太陽光発電システムの設計・建設工事・施工監理・メンテナンス、メガソーラーIPP事業、太陽電池の製造、その他エネルギーソリューション事業を行う国内の太陽光パネルメーカーです。
シャープは、1959年創業以来、60年以上蓄積してきた太陽光発電事業の知見を製品評価に活かすことで、高い品質と信頼性を獲得してきた実績があります。

その実績は、世界から高い評価を得ており、電気・電子・情報通信分野の世界最大の学会IEEEによる「IEEEマイルストーン」に認定され、革新的な技術が歴史的偉業として認められています。
また、シャープの化合物太陽電池事業は、世界で最も権威のある3大デザイン賞のひとつ、ドイツ「iFデザイン賞プロフェッショナルコンセプト部門」を受賞しています。

シャープ製品は、世界中のメガソーラー発電所などで採用され、国内では50kW以上の中・大規模発電システムから50kW未満の小規模発電システムまで幅広い領域で活躍しています。
同社の太陽光パネルは、IEC規格やJIS規格よりも厳しいシャープ独自の基準でさまざまな品質試験を実施し、どんな過酷な自然環境にも長期間対応できる耐久性の高い品質を確保しています。

企業名

シャープエネルギーソリューション株式会社

特徴

世界基準の高い評価と自然環境の条件に対応できる高耐久性

サイトHP

産業用太陽光発電システム | 法人のお客様へ(シャープのBtoB):シャープ
シャープ株式会社(SHARP)産業用太陽光発電システム(非住宅用・法人向け)のオフィシャルサイトです。小規模発電、中・大規模発電、メガソーラー、自家消費型、PPAモデル、リースなど、お客様の希望するスタイルに合わせた太陽光発電を実現できます。初期投資0円からの導入も可能です。

長州産業

先進のエネルギー機器や有機ELデバイス製造装置など、幅広い分野で高度な技術を持つ、太陽光パネルの製造メーカーです。
再生可能エネルギーを中心としたエネルギー機器分野では、業界トップクラスのシェアを持ち、水素エネルギーなど先進技術にも取り組んでいます。その技術は、太陽光発電業界において高く評価され、国内はもちろん海外でも活躍の場を広げています。

長州産業は、日本の太陽光パネルメーカーとして、国内のさまざまな気象条件を想定した試験を実施して日本の住宅構造に適した耐久性の高いモジュールの生産と太陽光発電システムの提案を実現しています。
また、同社の製品には、業界では珍しい「雨漏り保証」が付与されています。出力保証については業界をリードする25年保証付きです。
産業用太陽光発電システムの導入実績では、中国電力株式会社が初めて建設したメガソーラーに長州産業の太陽電池モジュールが採用されています。

企業名

長州産業株式会社

特徴

日本の気象環境に適用する技術と雨漏り保証

サイトHP

長州産業株式会社
長州産業は、エネルギー機器、 有機ELデバイス製造装置など 高度な技術をもつ製造メーカーです。

ソーラーフロンティア

出光グループの電力・再生可能エネルギー事業を行う太陽電池モジュール製造・販売メーカーです。
ソーラーフロンティアは、創業から40年以上、太陽電池の研究に取り組み、その知見と経験を活かして、顧客ニーズにあったシステムを提案しています。
その功績は、太陽電池メーカーとしての枠組みを超え、次世代型システムインテグレーターへの業態転換へと繋げています。

産業用太陽光発電の導入においては、電力ソリューションやO&Mサービス、発電した電力を別の場所で利用する自己託送サポートサービス、太陽光発電所における発電量を予測するサービス、太陽光発電のセカンダリー市場サポート、設置環境に合わせた多彩な提案サポート、初期費用ゼロ円モデル(PPA)など、さまざまなサービスとサポートを提供しています。
また、ソーラーフロンティアは、2010年より継続して太陽光パネルのリサイクル技術の開発に取り組んでおり、太陽光発電のさらなる普及拡大と持続可能な社会の実現に向けて、貢献しています。

企業名

ソーラーフロンティア株式会社

特徴

世界水準に対応できる技術、次世代型システムインテグレーター

サイトHP

太陽光発電ならソーラーフロンティア
太陽による快適でクリーンな暮らしをすべての人に。太陽光発電システムのソーラーフロンティア。

インリーソーラー

1998年に中国で設立された低コストで高性能の製品を提供する太陽光パネルメーカーです。2012年4月より「インリー・グリーンエナジージャパン株式会社」が日本法人としてインリソーラーグループの事業をスタートしています。
同社の太陽光パネルの生産量は世界規模で多く、2012年には太陽光パネルの供給量は世界1位にランクインしています。また、世界90カ国で8500万枚以上のパネルを出荷し、太陽光パネルメーカーとして世界的な位置を確立しています。

インリソーラーの特徴は、太陽光パネルの素材となるインゴットの生産から太陽光パネルの組み立てまで、全プロセスを一貫して自社で行っていることです。したがって、生産コストが抑えられて、低価格で高品質の太陽光パネルの販売が実現できています。
同社製品「N型単結晶モデルPANDA 3.0シリーズ」は、最先端技術N型単結晶シリコンを採用した発電性能の高さと優れた長期信頼性が特徴的です。

製品の保証内容については、通常10年間の製品保証を25年間まで延長する「グレードアップ保証」の付与と、万が一メーカーが事業撤退した場合でも、出力不足によるモジュールの修理や交換が最大25年間受けることができる「バックアップ保証」がパッケージになった新しいサービスが提供されています。

企業名

インリー・グリーンエナジージャパン株式会社

特徴

低価格で高品質の技術を提供、充実した保証内容

サイトHP

太陽光発電のインリーソーラー | Yingli Solar
インリー・グリーンエナジー社は、高品質な太陽電池モジュールの開発と製造を行っています。弊社の存在目的は、グリーンエネルギーをすべての人々に提供することです。

XSOL(エクソル)

太陽光発電システムの設計、施工および販売を行う日本(京都)のメーカーです。
国内に12事業所、海外では中国の上海に1事務所、韓国に子会社と自社太陽光発電所を所有しています。
2001年に三菱の太陽光発電システムを販売する商社としてスタートし、2011年に自社ブランドとしてXSOLシリーズを発表して以来、商社から太陽光パネルメーカーとしても事業展開しています。
2001年に設立以来、太陽光発電の総合企業として、「サプライヤー」「EPC」「O&M」「システムメーカー」の4つの機能を展開し、長期安定稼働に向けた高品質システムと低価格のサービスを提供してきています。
XSOLは、太陽光パネルメーカー三菱、東芝の撤退を受けて、国内メーカーとして、徐々に日本国内のシェアを拡大してきています。

産業用太陽光パネルについては、PERC構造とハーフカットセル採用で太陽電池モジュールの変換効率の向上を実現しています。

製品の保証内容については、保証規定に基づいて無償修理または代替品との交換ができる「XSOL保証」と「XSOLプレミアム保証」が付与されます。対象システムによって10〜20年の保証期間があります。

企業名

株式会社エクソル/XSOL CO., LTD.

特徴

高品質で低価格、充実した品質保証とアフターサービス

サイトHP

太陽光発電のXSOL(エクソル)
エクソルは、太陽光発電業界を牽引する唯一無二のパワー・イノベーション企業です。太陽光発電を、将来にわたる持続可能な日本の基幹エネルギーへすべく、「長期安定稼働の実現」と「 さらなるエネルギーコスト低減」を使命として、ユーザーが求める価値を創造・提供しています。

HTソーラー(ハイタイ)

2006年、中国で設立された太陽光パネルメーカーです。2013年に日本法人「HTソーラー株式会社」が設立され、太陽光パネル事業、架台事業、発電所事業等を行い、日本国内シェアを広げています。
HTソーラーの製品の特徴は、世界で認められる高品質な性能と、日本基準にも適合する生産と品質管理を行っていることです。

同社は、低炭素社会への貢献や信頼性が評価され融資対象推奨リストであるBloomberg NEF「Tier1リスト」に選出され、太陽光パネルのグローバルメーカーとして高い評価を受けています。
また、製品の信頼と安心を提供するために、手厚い保証とカスタマーサポートを提供しています。出力保証25年、製品保証10年を付与し、故障等トラブルには、技術者手配を一貫して迅速に対応するサポート体制があります。

企業名

Haitai Solar 株式会社/Haitai Solar

特徴

世界水準の高品質な性能と日本基準にも適合する品質管理

サイトHP

HTソーラー株式会社 – Quality Casting Value

CHNT(チントニューエナジー)

2006年の業界初期から太陽光パネルの開発を行い、太陽光エネルギー業界をリードしてきた中国の太陽光パネルメーカーです。世界140以上の国と地域で事業展開しています。
長寿命で高効率な製品を提供し、太陽光パネルの製造、供給から販売まで一貫して行っています。
同社は、N型TOPConモジュールの量産をいち早く実現し、高効率結晶シリコン太陽電池とモジュールの研究開発、製造、販売を行っています。
産業用の領域では、メガソーラー太陽光発電所、産業・商業 用屋根上発電所など、様々な環境に対応できる高効率モジ ュール製品「ASTROシリーズ」を開発しています。

CHNT(チントニューエナジー)の評価については、PVEL(PV Evolution Labs)による厳しい試験で6年連続「TOP Performer」を受賞し、中国の太陽光モジュールの高品質認証を連続で受賞しています。

また、電機総合メーカーとしての製造実績が豊富で、太陽光パネル、インバータ、接続箱、変圧器、ケーブル、制御システムなどの総合的なシステムを世界各地の発電所に提供しています。製品の保証内容については、製品保証10年、出力保証25年が付与されています。

企業名

チントニューエナジージャパン株式会社

特徴

高効率なn型単結晶パネルの提供、品質認証の高い評価

サイトHP

正泰電源
正泰電源

RUNDAソーラー(ルンダ)

2009 年に設立された中国の太陽光パネルメーカーです。2015 年から New Third Board に上場されています。創業以来、15年間の開発を経て、現在では4GWの太陽電池モジュールの生産と10GWの太陽電池、1GWHのESS生産ラインを整備しています。
最先端のN型技術設備を採用し、長年にわたって再生可能でクリーンなエネルギーを世界に貢献し業界のリーダー企業となっています。
RUNDAソーラーの強みは、国際認証を取得した完璧な品質管理と原料管理、生産管理のシステムの構築によって発揮されています。

企業名

ルンダ・ソーラー株式会社/Jiangsu RundaPV.,Ltd

特徴

国際認証を取得した完璧な管理体制

サイトHP

Jiangsu Runda PV Co.,Ltd

SUNTEC(サンテック)

2001年創業の中国最大手の太陽光発電製造メーカーです。2006年より、日本の大手太陽光発電モジュールメーカー「サンテックパワージャパン(元MSK)」が国内のサービスを担当しています。同社の事業内容は、太陽光発電システムの開発および関連機器の販売、技術サポートと太陽光発電所の開発・保守管理に関するコンサルティング、O&Mサービスです。
サンテックパワージャパンは、太陽電池モジュールの販売は40年以上、システム設計は25年以上の経験がある太陽光発電のスペシャリストです。

同社の強みは、徹底した環境試験により立証された耐久性と長期出力保証です。
産業用太陽光発電では、リニア25年保証、または30年保証が付与され、もジュール製品瑕疵12年、または15年保証し、さらに設備容量50kW未満の低圧システムには、10年の自然災害補償も付与されています。
また、長野テクニカルサポートセンターにて顧客の技術サポートを提供しています。

企業名

サンテックパワージャパン 株式会社/Suntech Power Japan Corporation

特徴

徹底した環境試験により立証された耐久性と長期出力保証

サイトHP

太陽光発電のサンテックパワー
日本において40年以上も太陽光発電専業メーカーとして経験と実績を積んできました。全国160ヶ所の拠点からお客様のご自宅までお伺いし、万全のアフターサービスを提供します。

RISEN(ライセン)

1986年に設立された中国の太陽光パネルメーカーです。日本をはじめ、世界各地100以上の拠点より幅広く事業展開を行っています。
世界的評価として太陽光モジュールの年間生産能力で世界トップ10にランキング、Bloomberg NEF「Tier1リスト」にも選出されています。

太陽光発電プロジェクトの開発分野において、案件サービス、DDサポート、O&Mサービス、資金調達サービス、アセットマネジメントサービスの5つの主軸でシステム構築のサービスを提供しています。

同社製品「Titan シリーズ」は、業界最大サイズの210mmセルを採用し、安定した高い発電効率を特徴とした単結晶PERCモジュールです。
製品の品質管理については、業績管理システム、サプライヤー管理、製品認証管理、カスタマーサービスの管理など、RISEN製品のサービス向上のための取り組みが行われています。

企業名

ライセンエネルギー株式会社/Risen Energy Co., Ltd

特徴

世界的な高評価とサービス向上のための厳しい品質管理

サイトHP

ライセンエネルギーについて
ライセンエネルギーは1986年の設立から太陽光業界を牽引してきたパイオニアの1社であり、メガソーラーへの投資・開発・高性能・高品質の太陽光電池モジュールの製造、など総合的なソリューションを提供。世界各地に100以上の拠点を展開し、太陽電池年間生産能力も世界TOP10にランクイン。Tier1企業として格付けされ評価されて...

リープトンエナジー

2012年より神戸に本社を置く日本の太陽光発電の総合システムメーカーです。太陽光パネルの他に、太陽光発電システム取付部材(架台・基礎杭)の製造・販売などを行っています。
リープトンエナジーは、太陽光パネルと架台は自社工場で製造し、工場は日本資本の会社としては最大級の規模を誇っています。同社の製品は、厳しい日本基準で製造されており、高品質で低価格な設備を実現しています。
また、自社工場生産で常に在庫を保有できるため、市況に影響されることなく太陽光パネルを安定して提供することが可能です。物流倉庫を神戸・愛知・九州に所有し日本全国への納品に対応しています。
リープトンエナジーは、Bloomberg「Tier1リスト」に連続選出され、信頼できる企業として評価を受けています。
また、世界水準として認められた認証を取得し、リープトンエナジー製の太陽電池モジュールのブランド価値を高めています。
また、海外拠点よりグローバルに事業を展開し、、ヨーロッパ、アジア、中東、南米への出荷実績も豊富で国内だけなく海外での取引も行っています。

企業名

リープトンエナジー株式会社

特徴

日本基準で製造、高品質で低価格な設備の提供

サイトHP

リープトンエナジー株式会社|太陽光発電の総合システムメーカー
兵庫県神戸市に拠点を置く太陽光発電システムの総合メーカー、リープトンエナジー株式会社です。太陽光モジュール・架台・基礎杭の製造販売、太陽光発電システムのご提案、太陽光発電所の設置管理メンテナンスを行っております。

LUXOR SOLAR(ルクサーソーラー)

2007年、ドイツ・シュトゥットガルトに設立した太陽光パネルメーカーです。
2012年より日本を拠点に太陽光発電の先進国ドイツの製品や技術を紹介し、太陽光パネル、架台のサービス提供を行っています。販売実績は、日本を含むアジア、ヨーロッパ、アメリカなど全世界に及んでいます。
LUXOR SOLARは、太陽光発電の施工企業を対象とした満足調査トップモジュールメーカーに選定され、ブランド認知、顧客満足度、マーケットシェアにおいて高い評価を得ています。
また、同社製品については、次世代太陽光パネルで高い変換効率のN型ヘテロ接合モジュール技術と、野立案件からトラッキングシステム、屋根設置型に導入可能なハーフセルの太陽電池モジュールなどがあります。
各製品の品質においては、ドイツの厳しいスタンダードに従って製造され、高い耐久性と信頼性があります。

企業名

Luxor Solar株式会社/LUXOR SOLAR Co. Ltd.

特徴

高い顧客満足度、厳しい品質管理で高い品質と信頼性を実現

サイトHP

SOLAR MODUL MANUFACTURER SINCE 2007 - Luxor Solar Co. Ltd.
SOLAR MODUL MANUFACTURER SINCE 2007 - LUXOR SOLAR

VSUNソーラー(ブイサン)

Abalance子会社として、先進国であるドイツをはじめ世界中で販売実績を持つベトナム発の太陽光モジュールメーカーです。ベトナム政府によるハイテク認定を受けた最先端工場で、徹底した管理のもと高品質モジュールを製造しています。
VSUNソーラーは、太陽光パネルの製造、加工、組み立て事業を展開するベトナム法人として将来有望とされている会社です。

企業名

VSUN JAPAN株式会社/VSUN JAPAN CORPORATION

特徴

徹底管理で高品質な技術を提供、業界有望のベトナムメーカー

サイトHP

ベトナム発、未来を灯す最先端モジュール | VSUN JAPAN 株式会社
VSUN JAPAN 株式会社 | VSUNはグリーンエネルギーの先進国であるドイツをはじめ、世界中で販売実績を持つベトナム発の太陽光モジュールメーカーです。ベトナム政府によるハイテク認定を受けた最先端工場では、徹底管理のもと高品質モジュールを製造。お手頃価格で高品質のモジュールのお届けを可能にしています。

太陽光パネルのメーカー選びは業者に相談も可能

太陽光パネルメーカーは、大きく分けて国内と海外メーカーがあり、海外では中国メーカーが太陽光発電事業のリーダー的位置を占めています。海外メーカーの製品は、日本国内の代理店がサービス提供しているため、製品サポートについては顧客対応が可能になっています。国内メーカーについては、パナソニックをはじめ、シャープ、長州産業など、太陽光パネル事業における長い歴史と実績があり、信頼性のある高品質の製品を提供しています。

太陽光パネルのメーカーの選択については、海外または国内メーカーの違いの他に、太陽光発電事業に最適な性能と品質保証などを確認する必要があります。
太陽光パネル選びについては、メーカーの特徴を確認したうえで、専門業者に相談してアドバイスをしてもらうことで選びやすくなるメリットがあります。
信頼できるメーカーの製品を選択できるように専門のプロに相談することをおすすめします。

「〇〇日までに届くの」などのご質問だけでも大歓迎!
カンタンに見積書も作れます

ご相談&オンライン見積もりはこちら

【取扱い資材】
太陽光架台はこちら>>
太陽光資材はこちら>>
太陽光フェンスはこちら>>
太陽光スクリュー杭こちら>>

ご注文・オンライン見積はこちら